#02 副業で始める、新たな人生。母親だからこそ「決意」したこと

#02 副業で始める「新たな人生」母親だからこそ決意したこと

こんにちは! 幸せコラムニスト・心理カウンセラーの
永瀬なみ(@NagaseNami08 )です😊

このブログでは「ムリなく楽しく自分らしく」をコンセプトに、毎日を幸せに過ごすためのヒントを紹介しています✨

今日お届けするのは、シリーズ企画『フリーになる日が来るなんて』第2弾。

テーマは「副業探し」です。

《 連載説明 》
パートママとして働く私に、まさかフリーで働く日が来るなんて…! この連載では、シングルマザーである私が自由な働き方を実現するまでのストーリーを不定期に紹介しています。(過去記事一覧

前回のお話 で「新たな収入源を探そう」と思い立ち、副業を探すことにした私。

※前回のお話はコチラ👇

 

副業としてまず考えたのは『カウンセラー』というお仕事でした。

というのも、当時の私は「誰かの役に立つ仕事がしたい」という強い思いを抱えていたからです。

そこで今回は“副業探し”のいち背景として、私がそのような思いを抱えることになった理由や経緯を紹介します。

息子が手を離れたら…複雑な思い

副業を探し始める、少し前──。

少しずつ私の元から離れていく息子(当時12歳)に対して、私は複雑な思いを抱えていました。

息子が自立したら、そこからの私は
何のために生きていくんだろう?
このままだと
私を必要としてくれる人が

この世に1人もいなくなってしまう…
😔

そんなことを考え、夜中にひとり泣いたのを覚えています。

初めての子育てで経験自体はまだないものの、息子がいつか私から離れていくことだけは想像できました。

そんな状況を想像すると寂し過ぎて、居たたまれない気持ちになります。

かといって、息子に依存したり私から離れていかないように仕向けたりするのは違うなと。

よくあるじゃないですか、シングルマザーが息子に依存する話。

私は「そうはなりたくない」と思いました。

むしろ、シングルマザーがそうなりがちだと知っているからこそ「そうなってはいけない、なりたくない」という気持ちが強かったのかもしれません。

これからは、自分の人生を歩もう

しばらく落ち込んだ後、私は思いました。

これからは
自分の人生を歩むべきなのかも

24歳で離婚し、数年の“ダメママ期”を経た私は、その後の人生を“息子のためだけに”生きてきました。

不器用な性格ゆえ、あれもこれもと欲張ることは避け(『二兎を追う者は一兎をも得ず』になってしまうため)とにかく息子をしっかり育て上げることだけを目標に生きてきたのです。

ですが、もうすぐ息子は中学生。

そろそろ『親離れ・子離れ』に備える時期です。

寂しいけれど、仕方のないこと。

何より、本来それは親にとって“喜ばしいこと”であるハズなんです。

だからこそ、こう思いました。

その時が来たら
ちゃんと息子の自立を喜び
応援したい

そのためにも
私は私で
「夢中になれるもの」を
見つけなくては!

すぐには無理でも
きっと今から準備を始めていけば
大丈夫

数年先には
私だけの楽しい人生が待っているハズ…!
💪😠🔥

そうしてこれからのこと前向きに考え始めた時──。

気付けば私の中にあった暗い感情は、すっかり消えていました。

副業を「新たな人生」の第一歩に

私が「副業を探してみよう」と思い始めたのは、ちょうどそんな時のことでした。

そこで思い付いたのが『誰かのためになる仕事』です。

人のためになっている」と実感できて、私自身も「楽しい」と思える。

そんな仕事を見つけられれば、新たな自分の道を歩んでいけるような気がしました。

そしてたどり着いたのが『カウンセラー』というお仕事です。

ただ当時の私にはカウンセラーとして活動するのはハードルが高すぎて、結局は別の仕事を探すことになるのですが…

その話は、また別の機会に😌

「あの時…」今になって思うこと

あれから数年──。

今年18歳になった息子とは、今でも仲良しです。

この数年の間には「もしや反抗期?」と思う時期もありましたが、お互いを尊重しながら楽しく暮らしています。

ただ、もしもあの時

これからは
自分の人生をしっかり生きよう

と思い立ち、行動していなかったら…………

今のような関係はつくれていなかったかもしれません。

何より良かったのは、やはり“母親”という立場でしか自覚できていなかった『自分の存在意義』を“息子に関係なく”自覚できるようになったことです。

あのまま息子にすがりついていたら、もっと息苦しい関係になっていたのではないかと思います。

「自立は1日にして成らず」だから…

子どもへの“愛情”と“依存する気持ち”は、似て非なるものです。

そして、お互いが快適自由な生活を送るためには

自分は自分、家族は家族

と割り切り、お互いに自立した人生を送ることが大切なのだと思います。

要するに、たとえ家族であっても適度な距離感は必要ということですね。

目指すべきは、“相手にとっても自分にとってもベスト”な距離感

https://natural-nagase.com/wp-content/uploads/2022/09/4指さしアイコン-300x300.jpg
永瀬なみ

これは同居・別居に関係なく「仲良くあるため」には必要な視点だと思うんだ

「このままいったら子どもの自立を応援できないかも…」と思う人は、ぜひ一度、立ち止まって考えてみてください。

今から意識して取り組んでいけば、きっと数年後には心地よい距離感を見つけられていると思いますよ

さて次回は、私が最初に副業の候補として挙げたカウンセラーの仕事について、調べたことや考えたことなどを紹介します。お楽しみに!

最終更新日 2022/11/22

幸せコラムニスト・カウンセラー。フリーランスのシングルマザー。生きづらい人生から脱却し、楽しく幸せな毎日を満喫中。

関連記事

コピーに関する操作はできません