幸福とは、他人を介さずに喜びを得ること。マツコと永瀬の幸福論

幸福とは他人を介さず喜びを得ること。超共感したマツコの幸福論

こんにちは! 永瀬なみです😊

このブログでは「ムリなく楽しく自分らしく」をコンセプトに、毎日を幸せに過ごすためのヒントを紹介しています✨

今日のテーマは「本当の幸せ」です。

玉ライン

少々古い話で申し訳ないんですが、昨年(2022年)の5月に見た『マツコ会議』で、マツコが独自の幸福論を語っていました。

その内容にすごく共感して

いつか絶対にブログで書こう!
😤

と思っていたので、今日はその内容を紹介します。

超・共感したマツコの「幸福論」

この回のゲストは、ちゃんみなという女性シンガー(ラッパー)でした。

私はこの番組で知るまでこの女性の名前も曲も聞いたことがなかったのですが、その後に見た『東京男子図鑑』というドラマの主題歌に採用されていた曲を聴いて、彼女を褒めていたマツコの気持ちを少しだけ理解できたような気がしました。

https://natural-nagase.com/wp-content/uploads/2022/09/4指さしアイコン-300x300.jpg
ゆるなみ

この女性の歌は今『ハヤブサ消防団』というドラマの主題歌にもなってるよ

そんなゲストからマツコに聞いてみたかったこととして、理想の幸せのカタチが挙がりました。

人によって“幸せのカタチ”ってあるなってすごく感じていて。

マツコさんが思う“幸せ”ってどんなものなのか、気になりました。

日本テレビ系『マツコ会議』より

その質問に対するマツコの持論が、こちらです。

究極、幸福って何だって言われたら
他者を介在させずに喜びを得ること

この意見を聞いた私は「首がもげてしまうのではないか」と思うほど、それはそれは深く共感し、うなずきまくりました。

せっかくなので、その時の言葉(マツコが語ったこと)をそのまま残します。

例えば結婚、出産、お金、美。

これを「してるか・してないか」
これが「あるか・ないか」っていう
分かりやすいものってあるじゃん。

それを「手にしたかどうか」っていうのが
「幸せかどうか」の判断になっているって、
違うよねって思いながらも
それしかねぇんだよなって思うの。

要は万人が共通認識できることって
それしかないじゃん。

だからそれをインスタで見せたりして
表層的な「いいね」をもらい
「アタシは幸せだ」と思えてるのって、
悲しいよねって思う半面
分かりやすいよねって思うの。

それくらい自分が幸福かどうかっていうのは
実は他者にゆだねているところがすごく大きい気がしてて。

でもアタシは他者っていうものを介在させない自分であることが幸せにつながると思っていて。

アタシができているかどうかは分かんないけど。

現にこうやってテレビの前の皆さんに支えられて生きているわけだから、そんな偉そうなことを言う資格は私にはないんだけど。

でも究極、幸福って何だって言われたら
他者を介在させずに喜びを得ること。

もちろん人間は生まれてきたら他者と関わらざるを得ない生物で、他者を救うことによって救われる生物だし、他者との関係性を切ることなんて絶対できないんだけど。

「それはありがとう。でも、自分はコレ」

他人に絶対介入させないで
他人と絶対比較しないで
っていうものを持ってることが
幸福な気がしています。

日本テレビ系『マツコ会議』より

要は自分の心を満たせるかどうか

「幸せって何だろう?」
「どうすれば幸せになれるんだろう?」

そう考えた時、真っ先に浮かぶのはどんなものですか?

以前の私は、いろんな条件を思い浮かべていました。

「もっとお金があったらなぁ」
「もっとスタイルが良かったらなぁ」
「もっと上手に人付き合いできたらなぁ」

ですが今は「そういった条件をそろえなくても人は幸せになれる」と心から信じています。

なぜなら、自分の幸福度は自分でコントロールできるからです。

自分の心が満たされさえすれば、人は幸せになれます

そして自分の心を満たされた状態にできるかどうかは、心の持ちよう次第です。

現に私は毎日とても幸せな気持ちで暮らしていますが、先ほど挙げた3つの条件をいまだにそろえられていません。

もちろん当時とは環境も働き方も、息子の年齢も変わっています。

ただ、もし私があの頃のまま幸せになれるのを待っていたら、もし今でもそういう考え方をしていたら、今でも私は幸福度の低い生活を送っていたのではないでしょうか。

自分の幸せに「他人」は関係ない

以前、ある女性を見て受けた衝撃についてお伝えしました。

(その記事👇)

 

幸せに関する私の価値観は、間違いなくこの日を境に変わりました。

勝ち組って何だろう? 負け組って何だろう?

お金持ち=幸せで、貧乏=不幸なの?

「本当に幸せかどうか」は「幸せそうに見えるかどうか」とは関係ないのかも?

そんな風に考えれば考えるほど、自分の持つ「○○は○○」という感覚(当たり前だと思っているもの)がいかにかたよっているかを思い知りました。

私は今、確かに幸せです。

仮に誰かから「大変そう」や「寂しそう」などと思われたとしても、私が幸せであることに変わりはありません。

だって、私が幸せかどうかを決めるのは他人ではないから。

家族も同じです。

たとえ家族だとしても、私とは違う人。

だから、家族に何と思われても関係ありません。

私が幸せであるかどうかに関係あるのは、“私の心”のみ。

あとは全部、関係ありません。

何を持っていて、何を持っていないのか。

どんな人と、どんな付き合い方をしているのか。

そんなことは、どうでもいいことです。

大切なのは、今の自分が満たされた気持ちで居られるかどうか

そして、その満たされた気持ちを誰にも依存せずに抱いていられるかどうか

自分が幸せであるかどうかを測る基準は、その2つだけです。

誰かが何かをしてくれなくても、1人でいても、誰かと居ても、常に心が満たされている状態

それこそが、本当の幸福な状態だと私は思います。

その「幸せ」って「本物の幸せ」?

マツコが言っていたように「他者を介在させずに喜びを得ること」が本物の幸せなのだとしたら「誰かを介してしか得られない幸せ」は本物の幸せではないということになります。

この考え方には、私も同感です。

もし仮に「誰かから褒められたり、うらやましがられたりする日々」を「そんな風にいられる自分」を幸せだと信じ、目指しているとしたら…

それを実現しても、本当に幸せな状態にはなれないかもしれません。

なぜなら、その幸福感は褒めてくれる人やうらやましがってくれる人がいて初めて成り立つものだからです。

SNSの「いいね」をたくさんもらえたり「かわいいね」「すごいね」と褒めてもらえたりすれば、誰でもうれしい気持ちになります。

ただ、それがある時は幸せで、ない時は幸せでなくなるとすれば、それは本物の幸せとは呼べないのではないでしょうか。

他人を介さず、他人と比較せず

マツコが言っていたように、本当の意味で幸せな人生を送っていくためには、この意識が不可欠だと思います。

世間や誰かに「幸せそうだね」と認めてもらえなくても、自分で自分を幸せだと思えれば、それでいい

誰かから見た“幸せそうな人”ではなく、自分で「私は幸せだ」と思える状態を目指す

自分を幸せにするためには、そんな意識が必要なのではないでしょうか。

https://natural-nagase.com/wp-content/uploads/2022/02/5寝そべりアイコン用-300x300.png
ゆるなみ

むしろ他人と比べさえしなければ「私って意外と幸せなのかも」なんて思えたりしてね

今の自分を「まだまだ幸せには程遠い」と思っている人は、一度そう思う理由を考えてみるといいと思います。

理由を掘り下げていくと、意外な思い込みや先入観が見つかるかもしれませんよ。

\ こちらの記事もオススメです!/
幸せとは? どうすれば幸せになれる? 永瀬流・幸せになる方法

👇気に入ったら「スキ」してね♡

幸せコラムニスト・カウンセラー。フリーランスのシングルマザー。生きづらい人生から脱却し、楽しく幸せな毎日を満喫中。

関連記事

コピーに関する操作はできません